CAD/CAMシステム

CAD/CAMシステム

CAD/CAMセンターを備える当社では、保険導入決定のグラディアブロックをはじめ、今後導入が予想される様々なブロックにもいち早く対応可能となりました。

CAD/CAM冠は通常のハイブリッドレジン(築成)に比べ、工場レベルで高度な重合されたハイブリッドレジンブロックから削り出すため割れにくく堅牢です。

強度は約200Mpa以上(曲げ強度)、硬質レジンの2.5倍です。象牙質とほぼ同等の強度となります。高騰を続ける金属は使用しませんので、アレルギーの心配もありません。

メタルクラウンとメタルボンドの間を埋める位置づけとして、歯科医院と患者様の両方にメリットのある治療となります。

CAD/CAMとは

「CAD」は、Computer Aided Designの頭文字で、日本語では「コンピュータ支援(による)設計」となります。製品形状その他の属性データからなるモデルをコンピュータの内部に作成する設計の手法と、それを実現するソフトウェアを指します。

人の手で2次元図面上に形状や製造上必要な情報を記述する従来の方法に対して、コンピュータ上では3次元形状を容易に表現できるため、設計作業の時間を短縮し、かつ後工程での設計データも利用ができるため、大幅な作業効率向上が可能になります。

「CAM」は、Computer Aided Manufacturingの頭文字で、「コンピュータ支援(による)製造」を意味します。製品の製造を行うために、CADで作成された形状情報を入力データとして、加工用のNCプログラム作成などの生産準備全般をコンピュータ上で行うためのソフトウェアであり、出力されたNCプログラムは、NC制御工作機械に送られて実際の加工が行われます。

通常、CADソフトウェアで作成した設計データはCAMソフトウェアへ入力されて加工作業を行うため、CADとCAMは連続した製造の工程の要素として連携すべき関係になっています。

各社のCAD、CAMはそれぞれ独自の特長や性格が有るため、個別に導入される場合も多いですが、ひとつの製品でCADとCAMの両工程を担当できる場合は、データの整合性の問題が無いため、高い生産性の実現が可能です。

システムの構成

計測装置:Medit Identica 3Dスキャナー

設計装置:コントロールセンターPC NEC53Xカスタム Delcam DentCAD

加工装置:Roland DWX-4 CIMsystem EASY SHAPE DWX-4

ページトップへ