e.max

e.max

e.max

IPS e.maxプレスは、400MPaの強度を誇りながらも同時に適合の正確性、審美性を兼ね備えています。

インゴットは、ケースや製作テクニック(ステイニング、カットバックまたはレイヤリングテクニック)に応じて選択します。

修復物は、色調に合ったIPS e.max セラム シェード・エッセンス材または陶材を使用してキャラクタライゼーションをすることにより、支台歯のシェードに関係なく自然に見えます。

ケースにより、IPS e.max プレスの修復物には、接着性レジンセメント、セルフアドヒーシブタイプのレジンセメント、または従来型セメントがそれぞれ使用できます。接着には、バリオリンクⅡ、バリオリンクベニア、マルチリンクオートミックス、スピードセムをお勧めします。

e.maxの特徴

    抜群の審美性と優れた耐久力を持つオールセラミックス材料

  • IPS e.max のプレス・インゴットは、高い強度と均一性を持った審美性の高い高性能の二ケイ酸リチウムのガラスセラミックス製で、正確にフィットする修復物を作成することができます。

    400Mpaの高い曲げ強度

  • e.max プレス・インゴットは、従来のガラスセラミック(一般的な陶材は、約80Mpa)にはありえなかった、曲げ強度400Mpaを誇る均一性の高いインゴットです。

    天然歯に近い摩耗

  • ジルコニウム製セラミックスは、高い透明度で審美性が高く、天然歯よりもはるかに高い強度を誇っていますが、天然歯や顎関節に影響があるという考えもあります。
  • しかし、e.maxプレスは高強度でありながら天然歯に近い摩耗性を持っているため、例え対合歯が天然歯であったとしても、先行して摩耗するのはe.max製の補綴修復物になりますので、天然歯に優しい素材となっています。
  • また、より天然歯の磨耗を抑え、e.max製の補綴修復物側を磨耗させるためにステイニングよりも厚めに、専用陶材であるe.maxセラム(強度:90Mpa)を盛られて、より患者様が負担を感じないように工夫する方法もあります。

    高い透過性

  • e.maxプレスは、高い透明度を持つ材料から支台歯色をマスキングする材料まで、5段階の透明度により失活歯をもつ患者さんに対しても光透過性の高い、天然歯のようなシェード効果をもつ、オールセラミックスの修復物を作製することが可能です。
ページトップへ