ジルコニア

フルジルコニア

フルジルコニア

内側から外側まで冠全てが、ジルコニアで出来たオールセラミッククラウンです。内側に金属を使用しないため、金属アレルギーの心配もなくなります。

ジルコニアは、審美性のある白いセラミックでありながら、金属に近い曲げ強度があるため、冠を薄く作れるという長所があります。

ポーセレン築盛のジルコニアボンドと比較すると、色あいや仕上がりに多少制限がありますが、リーズナブルで今人気の製品です。

ジルコニアだけを使用しCAD/CAMで制作します。スタンダード、プレミアム、エクセレント仕上げなどがあります。詳しくは、お問い合せください。

ジルコニアブリッジ

ジルコニアブリッジ

ジルコニアボンドは、メタルボンドの内面の金属の代わりに、白色のジルコニアを使用した物です。金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯茎の変色、金属アレルギーなどの心配が無く、土台が金属でも色が透けるのを防ぐマスキング効果が優れているため審美的に仕上げることができます。

ジルコニアは強度も強いので、奥歯やブリッジにも使用することが可能で、フルマウスまで対応しています。またボンド部分とフルジルコニアのコンビネーションや、インレー、アンレー、インレーブリッジもできます。

ジルコニアの特徴

    軽量

  • ジルコニアは従来の素材と比べてとても軽く、お口への負担が軽減されます。たとえば、ジルコニアとプレシャルメタルと比べると、密度もフレームの重量も三分の一まで軽減されます。

    審美性

  • ジルコニアは素材その物の光の透過性に優れているので、天然歯との違いがわかりません。年月が経っても変色せず、天然歯に合わせた色調の再現が可能です。また、従来かぶせ物の支台に金属を使用した場合にあった、金属が見えてしまったり歯茎の色が変わってしまう問題がなくなります。

    生体親和性

  • 人工関節に使われている臨床実績を持つジルコニアは、人体によくなじみ、無害な成分であるため、生体親和性に優れています。また、非常に軽いので、違和感がありません。
    金属を一切使用していないため金属アレルギーも起こらず、安定性が高いため、長期的に使い続けられる素材です。

    制作について

  • 歯型をスキャナーで取り込んで、データをコンピューターでデザインし(CAD)、専用のミリングマシンで半焼結のジルコニアから削りだして(CAM)、コーピングを製作します、さらに高温で焼き固めて(シンタリング)作られます。このとき20%も収縮します。
ページトップへ